大東流合気柔術琢磨会

大東流と琢磨会

大阪 朝日に伝わる琢磨会

琢磨会のなりたち

武田惣角と久琢磨

琢磨会は、大東流合気柔術中興の祖、武田惣角より免許皆伝を受けた久琢磨を中心に、その門弟達が集まり設立された武道団体である。
久琢磨は朝日新聞社在職中、昭和14年3月26日武田惣角より、免許皆伝を受け、その後、昭和34年関西合気道倶楽部を開設し、後進の指導に当たっていたが、高齢の為、家族のすすめにより、昭和43年に同倶楽部は閉鎖した。

しかし、閉鎖後も門弟達によって各地で稽古が続けられ、毎年合同稽古を開催していた。昭和50年8月24日夏の合同稽古の折、久琢磨の意思によりこれを団体化し、更に阿波池田の千葉紹隆の提案により、久琢磨の名前を冠して琢磨会と名乗ることとなった。

このように琢磨会は合同稽古が発展して結成された武道団体である。発足当初7支部であったが、久琢磨他界後、会の危機感からかえって団結が強まり、活動が活発となり、現在では国内外に50支部を数えるようになった。 久琢磨は、大阪朝日新聞社に庶務部長として勤務していたとき、植芝盛平を招いて大東流合気柔術の指導を受け、次いで武田惣角より指導を受けた。その際、特に高度な技、応用技を教えられ、これを写真に収めた。

これら惣角最晩年の技、初歩から高度な技までを総伝写真集にまとめられ、保存されている。したがって琢磨会には、大東流合気柔術初伝から皆伝に至るまで、基礎から応用の数多くの技がそのまま伝承されている。

武田惣角

技術体系

大東流の由来

 大東流は代々清和源氏に伝わっていた武技を、11 世紀ごろ新羅三 郎源義光が集大成したものとされている。
義光は家伝の武術に一段の研究工夫をこらし当時、戦場で死亡した 兵士の屍体を解剖し、その骨格の組立を調べて逆極手の技を極め、さ らに女郎蜘蛛が、その張り巡らした細い糸の巣網の上で、自分よりも大 きな獲物と闘い、ついにがんじがらめに搦み取る手練の技に暗示を受け、 また白拍子の舞に示唆を得て、苦心研究の結果、合気の神髄を会得し、極意を極めたといわれている。

 義光の子孫が甲斐の武田荘に住み、武田姓を名乗ってからは、武田家家伝の武芸として代々伝えられた。
天正二年(1574)、武田国継が会津に至り、この技法を会津に伝えた後は、会津藩御留技として、藩内のみに伝承された。 会津藩では これを藩の家老、重臣などの御敷居内の者(昇殿資格・御目見え 資格のある者)に習得させた。

  保科近悳(会津藩元家老西郷頼母)は、明治31 年武田惣角に「もはや剣の時代は去った。大東流合気柔術の秘法を後世に伝える者はお前より他に無い」と諭し、和歌一首を贈った。惣角は以後これをもって、全国を巡教し、その普及に努めた。