大東流合気柔術琢磨会

稽古の流れ

稽古方法には無数のやり方がありますが、限られた時間の中で効率よく行うためには一定の流れが必要です。 もちろん稽古内容は、その時々によって変わりますが概ね次の流れに沿って進めています。

  1. 礼法・鎮魂(心を鎮め、礼節もって始める)
  2. 準備体操(体を柔軟にし、ケガのないようにする)
  3. 基本動作(基本となる身体操作を行う)
  4. 受身(転び方を身につける)
  5. 基礎鍛錬(武道に必要な体を練る)
  6. 型稽古(型の稽古を通して理合を身につける)
  7. 清掃(感謝の心で清掃する)
  8. 礼法・鎮魂(気を鎮め、礼節をもって納める)